大好評!!⇒★感動の贈り物★
↓↓↓

生まれ年のワイン取り扱い10年以上のキャリアを持つ
『ソムリッチ大橋』が面子をかけて探す

完璧なビンテージワイン!

一生に一度は口にしてみたい!…自分が生まれた年のおいしいワイン

<お客様の喜びの声!> <2010年11月 NEWアイテム到着!>
  
 トップページはこちら

“自分の生まれ年のワイン飲んでみたい”
と、誰もが一度は思うはず・・。

「だけど、なかなか自分で買ってまで」、と思ってる方がほとんどではないでしょうか?

そんなワインを、とっておきのプレゼントとして贈ってあげたら・・・、
受け取った人は、必ず感動すると思いませんか?

だって、もし私がそんなプレゼントもらったとしたら、倒れそうになるくらい
うれしいですもの・・・!


●本当に状態の良いビンテージ(年代物)ワインは、感動もののおいしさ!
  〜決して他では味わうことの出来ない素晴らしさを、大切なあの人へ是非〜

★私が2000年11月に飲んだ、1936年産の赤ワインです。
 感動もののおいしさでした!!
1936年と言えば、第2次大戦前のワインです。

このワインの名前は「ヴォルネイ」という、フランスのブルゴーニュ産の
赤ワインですが、素晴らしい味わいでした。数名の方と一緒に飲んだのですが、
皆さん感動されていました。

色合いは、まさにレンガ色。完璧に熟成を果たした色合いでした。
香りは、驚異的でした。70年近く経っているにもかかわらず、
干したいちじくなどの果実香が支配的でした。もちろん、土や枯葉などの
香りもありますが、その香りの素晴らしさに心底感動しました。

そして、味わい!極めつけのおいしさ。渋い赤ワインの渋みが微塵も感じられず
舌触りはまさにシルクのような滑らかさ!ほのかに感じられる甘味ともとれる
豊かな果実味が口中を覆い尽くすようでした。
そして、余韻がいつまでも長く口中に残り、まさに至福のときでした。
一緒に飲んだ方の第一声が「おいし〜い!」でした。
他のコメントがすべて必要のない、このワインを語る上において最適な言葉でした。

驚くべき事に、このワイン開栓後も衰えるどころか、どんどんとおいしくなっていくではありませんか!
70年近く経っても、この素晴らしさ!ワインの神秘を感じさせずにはいられない経験でした。

これほど状態の良いヴィンテージワインもなかなか出くわす事は出来ません。
一生に一度でよいから、こんな素晴らしいワインを飲んでみたいと思うのは、私だけでしょうか?

こんなワインをプレゼントされたら、本当に感動ものだと思いませんか?

 

●本当に感動してもらえる贈り物と言うのは、そんなにないはず・・・。

大切なあの人に、何か心のこもったプレゼントをしたい!
でも、なかなか感動してもらえるようなプレゼントが思い浮かばない!

贈り物を選ぶ時って、本当に悩みますよネ!
特に、大切な方への贈り物、また、特別な贈り物などの時
には、「何にしたら良いんだろう〜」と悩みも深いですよね!

そんなあなたに最高の贈り物があるのです。

それは、“ビンテージワイン”

子供の誕生年や、結婚記念の年、その他その人その人にとって節目の年と言うのは
人生の中に必ずあるはず!

たとえば、生まれ年のワイン!
自分が生まれた同じ年に、育ったブドウから造られたワインなのです。
そうなのです!人生を共に歩んできたワインなのです。

自分と同じ年月を重ねて育ってきたワインを、何かの節目に
開ける事が出来たなら、これほどの贅沢はないのではないでしょうか?

もちろん、その年によって当たり外れがあり、すでにこの世から完全に
消滅してしまった年代のワインもあります。

ただ、一生に一度でも、生まれた年のワインを、しかもおいしいワイン
飲んでみたいですよね!

誰でもきっとそう思うに違いありません!

そんな【誰もが喜ぶ】生まれ年のワインを贈り物にするのも,とても素敵ではないでしょうか?

別に生まれ年だけではありませんヨ。

結婚記念日や還暦のお祝いなど
人生の節目節目に、共に月日を重ねてきたワインを飲めるなんて最高の幸せではないでしょうか?

その節目の年に出来た“ビンテージワイン”はいかがですか?

ぜひ、とっておきのプレゼントに!
必ず感動してもらえるようなプレゼントをしたいと思ったのなら
その節目の年に出来た“ビンテージワイン”を!

喜ばない人はいないと思います。

↓お客様からの喜びの声です↓
先日の、76年シャトー・オ・バタイユをあけてのメールをいただきましたの
で、その一部をご紹介いたします。

  
   正直、赤ワインは全く分かりませんが、30年間飲んできた(お酒を飲み
   はじめてからは10年ですが・・)ものが、なんだったのかと思わせられる
   代物でした!それっぽい言葉が浮かばないのですが・・とにかくおいしい!!
   ホントに有難うございました!お酒はどんなジャンルでも奥が深いんで
   すね。ふぁ〜っ、気分が良い☆

   
贈ったこちらも大喜びです!!!有難うございました。

                                     神奈川県 原田 様

ビンテージワインをお探しの前に、必ずお読みください!
↓↓↓
 感動もののビンテージワインをお探しのあなた!
 ワインショップ‘ソムリッチ’にお任せください!!


   ワインショップ‘ソムリッチ’では、
 *10年以上の経験から、安心できる確かなものしかご案内しません。
 *1800年代のワインからご用意する事が出来ます。

 中にはなくなってしまっている年代のワインもありますが、全力を尽くして探します。
 在庫のないものは、取り寄せになります。

 ワインショップ‘ソムリッチ’では、あなた様から「何年のワインをいくらくらいで探して欲しい」
 というご依頼を受けてから、あなたのご要望に出来る限り合ったヴィンテージワインをご案内
 させ ていただきます。

  したがって、年代によってはすぐに見つかるものもあれば、なかなか見つからない
 ワインもございます。


  とにかく、ビンテージワインは、状態がすべてです。正直「開けてみるまで分からない」のが
 本当の所ですが、そのリスクを極力避けるため、私共では、絶対に信用の置ける業者から
 のものしか取り扱いいたしません。

  ビンテージワインこそ「安かろう、悪かろう」が存在します。
 私も以前、「安いから」と思い飛びついたワインが、トンでもない代物だったという苦い経験が
 あります。

  それ以来、「いったいどこの扱うものが安心してご案内できるのか?」
 を、10年以上試行錯誤を繰り返しながら、探求してきました。

  もちろん私共の扱うビンテージワインがすべて完璧とは言い切れません!
  それは、ビンテージワインの性質上、いかんともしがたい部分があるからです。

  ただ、私の使命は、今までの経験・知識をすべて活かして、あなたとあなたの
 大切な先様に、本当に喜んでいただけるご案内をするためにベストを尽くすことです!
 
  本来ならば、直接お店にお越し頂き、実物を手に取りながら、いろいろなお話をし
 ご案内するべきものと考えています。

  ご遠方の方などは、なかなかご来店いただくということもままならないことと思いますので
  まずは、ご相談ください!

  下記のお問い合わせフォームにご記入いただき
 それから、ご一緒にベストな状態の本当においしい年代物ワインを探していきましょう。

 

  下記、お問い合わせフォームにご記入の上、今すぐお問い合わせください!


   ★決して安い買い物ではありません。
  ご不明な点があったら、遠慮なくお電話にてご相談ください。
  ご来店いただけない以上、電話で直接お話しすることがベストだと考えています。


★現在、とても状態が良く、お値打ちな(おおむね1万円前後一部高価なものあり)年代ものワインの在庫が、
 下記の通りございます。


「1962(昭和37年)・63(昭和38年)・64(昭和39年)・66(昭和41年)・67(昭和42年)・69(昭和44年)・70(昭和45年)・71(昭和46年)・72(昭和47年)・74(昭和49年)・75(昭和50年)・76(昭和51年)・79(昭和54年)・80(昭和55年)・81(昭和56年)・82(昭和57年)・83(昭和58年)・84(昭和59年)・85(昭和60年)・87(昭和62年)・
88(昭和63年)・89(平成元年)・90(平成2年)・91(平成3年)・92(平成4年)・93(平成5年)」 

これ以降もございます」


以上のワインが、
おおむね1万円前後から(モノによって価格は異なり、2万円を超えるものもあります。)揃います。
半年近く前から海外(ヨーロッパにて歴史のある信頼の置ける業者)の業者に注文をしておく方法で入手しているので、正直、普通で買うより
うんとお得な上、状態は素晴らしいワインばかりです。(いくら安くても出所が怪しいものは扱いません!)
 

日々在庫が変動することもあり、具体的なワイン名は明記してありませんが、上記の年に縁のある方にとって、
これ以上のチャンスは無いかも知れません。
ご希望の年代がございましたら、遠慮なく銘柄や価格等、お気軽にお問合せください。
具体的なワイン名・在庫の有無・状態など、詳しくご説明させていただきます。


 
※超希少な、1942(昭和17年)・1952(昭和27年)・1955(昭和30年)・19578(昭和の32年)ワインが、
   脅威の10万円以下で手に入ります!いずれも各1本しかありません。くれぐれも品切れの節はご容赦くださいませ。



なお、
ご来店いただける方は、実際に手にとって見ることも出来ます。
可能であれば、ぜひご来店いただき、ご自身で手に取り、その目でしっかりとお確かめください。

 ただし、これらのワイン残り僅かなものがほとんどです。場合によってはご注文いただいた時点で品切れということも
多々ございますので、くれぐれも品切れの節は、何卒ご了承ください。

ですから、これはと思った年代がありましたらすぐにお問合せください。

上記のほかにも、もっと古いワインも取寄せ出来ます。ただ、値段は、本当にまちまちですので、ご要望があれば、
遠慮なくお問合せください。


 

  ヴィンテージワインお問い合わせフォーム

※ご注意※
このフォームは通常の電子メールで送信されます。記入終了後「送信」ボタンを押すと「電子メールで送信されています」
とメッセージウインドウが出ますので「OK」ボタンを押した後、メーラー(電子メールアプリケーション)を起動し、送信操作をお願いします。
メールアプリケーションがインストゥールされていないパソコンからの送信は出来ませんのでご注意ください


*お知らせ:このところ、Yahooメール等のフリーメールをお使い頂いている方への返信が出来ない場合が、
多くなっております。連絡手段として、お電話させて頂く場合がございますので、お電話番号は必ず
お知らせください。

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください

 

 ●年代もののワインは、日々変動しています。良いものが出てきてもその日のうちになくなって
  しまっていると言うことが、珍しくありません。したがって、お電話等での素早い確認を
  必要としますので、下記フォームの必須事項は必ずご記入くださいませ。

  ◆ご希望のヴィンテージ(年号)(必須)
  

  ◆ご予算(必須)
  

  ご希望のワインの指定等があれば記入してください。
  

  ◆いつまでに必要か?日付(必須)
  

  


 あなたのお名前をどうぞ(必須)
 

 あなたのご住所をどうぞ(必須)
 〒
 

 あなたの電話番号をどうぞ 半角英数文字にてご記入ください
  (必須)

 あなたの電子メールアドレスをどうぞ半角英数文字にてご記入ください
 
(必須)

 上記の必須項目には必ずご記入の上、送信してください。
 必須項目に記載モレがある場合、ご返事出来ない場合もございます。
 フォーム以外でのお問合せの場合も同様となりますので、ご注意下さい。

 
  ★ワインの詳しい状態・在庫など、お電話でないとスピーディーにお伝えできない
   こともかなりありますので、こちらからお電話しても差支えの無いお電話番号を
   必ずご記入ください。
   また、メールアドレスは正確に願います。
  ★なお、ご不明な点など多々あると思いますので、お気軽にお電話にてお問い合わ
   せ下さい。
  0120−23−0263 (毎週水曜日以外 AM10:00〜PM7:30)


□ご意見・ご要望などありましたらどうぞ遠慮なくお書きください。

 


送信する前にもう一度、間違いがないか、確認してください。
間違いに気がついたら ←で今までの入力がクリアになります。再度入力してください。

間違いなかったら ←で送信です。
メーラーを起動して送信操作をお願いします。

★なお、送信後、すぐに送信確認メールが届くことと思います。その際、「ご注文ありがとうございました」
という旨の文面が表示されますが、この場合、お問合せの確認ですので、注文が確定したわけでは
ありませんのでご安心くださいませ。


 ※ 送信がうまく出来なかった場合などは、どうぞ遠慮なく下記までご連絡くださいませ。

   ●直通電子メール(24時間受付)   【E-Mail】  

   ●フリーダイヤル 0120−23−0263…営業日の10:00〜19:30

   ●FAX 0569−23−0261(24時間受付)

   ワインショップ‘ソムリッチ’
   〒475−0836   愛知県半田市青山5−2−3
   TEL:0569−23−0263  FAX:0569−23−0261
   営業時間:10:00〜19:30  毎週水曜定休日  


  ☆ワインショップ‘ソムリッチ’はこんなお店です!!
   周辺地図はこちらをご覧ください

 


 注目→【生まれ年のワイン探して欲しい〜】←注目
【ワインをプレゼントに!と言うあなた必見!】
・【世界でたった1つの贈り物が出来るんだヨ!】

【超おすすめのデイリーワインセット】←お得で人気
【悲しいお知らせ】・【トップページ】【注文方法】【リンク】【E-Mail】お客様の個人情報の保護について
【お客様の声】【スラロームとは?】【私がワインを好きになったわけ】【ちょっとひとこと言わせて】【ドイツワインのお話】


このサイトについて

指差したら説明が出ます。


 Copyright2011 by Tetsuya Ohashi All Right Reserved